セブンスデー・アドベンチスト教会がお送りするwebラジオ放送 AWR-Japan

bn1712

「川越勝のちょっと一言」

Back Number 2017:12月


< 2017/12/29(金) >
「外見で人を判断する危険性」 この番組を聞く

(2011年9月5日号の再掲載です)

シャローム横須賀の朝の礼拝で話したメッセージです

横須賀教会の後ろにある高校の女子高校生のファッション。

外見は外から見えるのですから、見ても良いのですが、それでその人を判断しますと、失敗する場合があります。

「涙が出るほどいい話」の中に書いてある「意外な天使」の例。
ミッション・バラバの人たち、ザ・ロード・エンジュエルスとグループの人たち。

ヤコブの手紙2:1~4
外見を見て判断し、判断に基づいて行動する事を充分に気を付けましょう。


< 2017/12/25(月) >
「やってはいけないウォーキング <3>」 この番組を聞く

医学博士の青栁さんが「人間が生涯健康であり続けるためには、どの様な運動をすればいいのか?」を学び15年以上の追跡調査をされて分かった事をお話ししております。ウォーキングは質と量の観点から考えねばなりません。それではその質と量とは?

171225_1 171225_2


< 2017/12/22(金) >
「彼女たちは不思議な妊娠をした」 この番組を聞く

2017年12月2日 SDA三育関町教会での礼拝説教。

聖書の中には不思議な妊娠、出産をした夫婦が何組もいます。アブラハム夫婦の場合、閉経後の妊娠と出産です。ヨブ夫婦の場合、生涯で20名も出産する女性がいるでしょうか? エルカナ夫婦の場合、主がハンナの胎を閉ざされたのですから、人間がどんなに努力をしても妊娠は考えられません。ところが妊娠、出産となったのです。ザカリヤ夫婦は年老いていました。ヨセフとマリヤの場合、前の女性たちの妊娠、出産とはちょっと違ったものでした。

171222_1 171222_2


< 2017/12/18(月) >
「やってはいけないウォーキング <2>」 この番組を聞く

「やってはいけないウォーキング」の本の著者である青栁幸利さんはどの様な方なのでしょうか? どの様な研究人生だったのでしょうか。「中之条研究」は何がどの様に凄いのでしょうか。

171218_1 171218_2


< 2017/12/15(金) >
「あれから170年」 この番組を聞く

(2014年11月14日号の再掲載です)

2014年9月20日 三育関町教会の午後の礼拝でのメッセージ

私がセブンスデー・アドベンチスト教会に導かれるまでの証し。
教えられる教理に驚きの連続。特に再臨の教えが私の人生の方向を決めたのです。
アメリカの再臨運動の中心となったウィリアム・ミラーの働きについて。
「聖所がきよめられる」という聖句の聖所を当時の人は地球と考えていたので、地球がきよめられるのはイエス・キリストの再臨と考えた。
ダニエル書の2300年の預言から、聖所の清めはユダヤ歴の7月10日であるからそしてそれを太陽暦にすると1844年の場合、10月22日となり、ゆえにキリストの再臨は1844年10月22日と解釈して伝道した。
しかし、その時キリストの再臨は無かった。どうしてなかったのか。
あの1844年の大失望から170年たった。


< 2017/12/11(月) >
「やってはいけないウォーキング <1>」 この番組を聞く

ウォーキングをやってはいけないと言うのではありません。やってはいけないウォーキングがあります。青栁幸利さんが書かれた本「やってはいけないウォーキング」の本の内容をご紹介します。65歳以上の5000人を対象に、15年にわたり、身体活動と病気予防の関係について調査を実施し、世界中から「奇跡の研究」と称賛を浴びたのです。青栁さんのライフワークからその内容をご紹介します。

171211_1 171211_2


< 2017/12/8(金) >
「宗教改革記念日について」 この番組を聞く

10月31日は「宗教改革記念日」です。私にとって今年のこの日は特別な日でした。なぜならば1517年の宗教改革からちょうど500年に当たるからです。ルターについて、なぜ宗教改革があったのかなどを考えましょう。

171208_1


< 2017/12/4(月) >
「趣味ついて考える <8>」 この番組を聞く

このシリーズの最終回です。趣味とは言えないかもしれませんが、今までチャンスがある時にやって来た好きな事をご紹介しましょう。まとめますと、アウトドアに関するものですね。それらはトレッキング、ハイキング、キャンプ、カヌーなどです。

写真説明:
十和田湖の紅葉を湖上から見るのが夢の一つでしたが、青森県に転勤になり、実現しました。

171204_1 171204_2 171204_3


< 2017/12/1(金) >
「塩に学ぶ」 この番組を聞く

(2011年8月29日号の再掲載です)

シャローム横須賀の朝の礼拝で話したメッセージです。

「サラリーマン川柳コンクール」のベストテンの発表。
サラリーマンのサラリーの語源をご存知でしょうか? 語源は塩です。
マタイによる福音書5:13 これ、塩に関するキリストの教えです。
塩の役目を二つ言うならば・・・・ ①味付け ②腐敗を防ぐ
あなたにも塩の効果が十分に出ますように。




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional