セブンスデー・アドベンチスト教会がお送りするwebラジオ放送 AWR-Japan

bn1808

「川越勝のちょっと一言」

Back Number 2018:8月


< 2018/8/31(金) >
「元大工イエスが教えるおが屑と丸太」 この番組を聞く

元大工のイエス様がこの様な教えをされました。
マタイによる福音書 7章1~5節、人のおが屑またはちりは良く見えるのに、自分にある梁、丸太は気が付かないのです。これが人間の悲しい姿です。
他人を批判する前に、自分をしっかり見つめ、自分が罪人であることを認めなければなりません。この順序が大切です。

25分30秒の所で「この本の教えは聖書の教えのレールの上にきちんと乗っている本よ」と、原稿ではなっているのですが、レールをルールと発音しておりました。すみません。

180831_1 180831_2


< 2018/8/27(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <25>」 この番組を聞く

「現金は笑う」 ドイツのことわざ
「健康な人は自分の健康に気が付かない」 カーライルの言葉
「健康は富に勝る」 イギリスのことわざ
「健康は病気になるまで尊ばれない」 イギリスのことわざ
「賢者はいつも身をかがめて歩く」 インドのことわざ
「賢者は考えを変えるが、愚者は決して変えない」 イギリスのことわざ

180827_1 180827_2


< 2018/8/24(金) >
「日本の国と神の国」 この番組を聞く

(2015年9月11日号の再掲載です)

2015年9月5日 三育関町教会での「土曜のつどい」での話

私は今年の夏「日本一周取材旅行」をしました。46日間の旅行でした。ホテルに泊まりますと、50万円以上必要になります。年金生活の私はその余裕はありません。それで道の駅を使った車中泊をしました。感想は「楽しかった、面白かった、勉強になったです」

私は信仰者としてクリスチャンとしてもう一つの国を考えねばなりません。


< 2018/8/20(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <24>」 この番組を聞く

「芸人に年なし」日本のことわざ
「結婚は悲しみを半分に、喜びを2倍に、そして生活費を4倍にする」イギリスのことわざ
「結婚前には目を大きく見開き、結婚後には半眼をに閉じておけ」フランクリンの言葉
「決して時計を見るな。これは若い人に覚えてもらいたいことだ」トーマス・エジソンの言葉
「研究するより試すほうがよし」ドイツのことわざ

180820_1 180820_2


< 2018/8/17(金) >
「坂本直寛について」 この番組を聞く

(2012年4月2日号の再掲載です)

坂本龍馬が暗殺された時、おいの坂本直寛はまだ14歳でした。彼も日本を立ち上げるために青春の火を燃やします。立志社で自由民権運動の若手活動家として政治運動の理論と組織面を担っていました。その彼は不思議な導き によってクリスチャンになり、伝道をします。やがて牧師になり、北海道で監獄伝道に力を入れました。


< 2018/8/13(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <23>」 この番組を聞く

「苦悩を突き抜けて歓喜にいたれ」 ベートーベンの言葉
「車が舟に乗る時もあれば、舟が車に乗る時もある」 インドのことわざ
「クレオパトラの鼻がもう少し低かったなら、
  世界の歴史は変わっていたであろう」 パスカルの言葉
「黒い手が白いパンを食わせる」 フランスのことわざ
「経験は最良の教師である。ただし、授業料が高すぎる」 カーライルの言葉

180813_1 180813_2


< 2018/8/10(金) >
「召される時の違い」 この番組を聞く

(2015年8月21日号の再掲載です)

2015年8月15日 SDA三育関町教会での礼拝説教。

聖書の中でも現代でも神様がある人を信仰に、また働きに召される時はそれぞれ皆ちがいます。どの様な時に召されてもその召しには生涯忠実でなければなりません。


< 2018/8/6(月) >
「故事、ことわざ、名言名句 <22>」 この番組を聞く

「勤勉なくして褒美なし」 ドイツのことわざ
「金曜日に笑う者は日曜日に泣く」 フランスのことわざ
「空腹は最高のソースである」 イギリスのことわざ
「鎖というものは、一番弱い輪の強さで全体の強さが決定される」 コナン・ドイルの言葉
「唇なめても渇きはいえぬ」 インドのことわざ

180806_1 180806_2


< 2018/8/3(金) >
「どちらが正しいのでしょうか?」 この番組を聞く

(2015年6月26日号の再掲載です)

2015年6月6日 SDA三育関町教会での礼拝説教

十戒は神様ご自身が指で書かれたと聖書に書いてある。しかし出エジプト記34:28にはモーセが書いたと記されている。いったいどちらが正しいのだろうか?

今日はこの不思議に取り組んでみよう。

聖書は思い込みで理解するのではなく、聖書そのものがどの様に教えているかをいつも探り、そして聖書が教えている事を受け入れねばならない。




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional