セブンスデー・アドベンチスト教会がお送りするwebラジオ放送 AWR-Japan

hitoikibn3

ちょっとひといき * 純子とお茶を / 平井純子

<2012.09.14> 国際社会に発信しよう(約21分)

/www.awrjapan.net/jyunkohirai/data/upfile/17-4.jpg

「チーム力を社内マラソンで」

一人一人が深く考える思考力をもつ
オランダ研究所・工場での発案・実践

「世界で活躍する日本人」

今日は、その第二弾をお届けします。

 国際社会で活躍しようと思っても、思わぬコミュニケーションギャップに面食らったり、悩んだりしている方も多いことでしょう。
 インタビューさせていただいた岩佐さんは とても大切なことを話してくださいました。コミュニケートすべき内容、何を伝えたいかを自分の中に明白にもっていることが大切だとおっしゃいました。本当にそうですね。そして、これは 国際社会でのコミュニケーションとは限りませんが、ベテランアナウンサーからのアドヴァイスも一言。それは「誰かに会う前に、「何を話そう」と考えるのはもちろんだけれど、この人に「何を話してはいけないか」を僕は考える。もしその人が脚が不自由な人なら、コタツの話もしない」といわれました。そこには、相手を思う思いやりが感じられます。

 あなたは どんなコミュニケーションをしていますか。
よいコミュニケーションについて、あなたのアイデアをきかせてください。




<2012.08.06> 英国女王陛下の記念祝典と日本の両陛下のお人柄(約17分)

/www.awrjapan.net/jyunkohirai/data/upfile/16-4.jpg
/www.awrjapan.net/jyunkohirai/data/upfile/16-5.jpg

英国女王陛下の記念祝典と日本の両陛下のお人柄
The Diamond Jubilee of Queen Elizabeth,II




<2012.05.15> 沖縄の本土復帰40周年に思う(約22分)

/www.awrjapan.net/jyunkohirai/data/upfile/15-4.jpeg
/www.awrjapan.net/jyunkohirai/data/upfile/15-5.jpeg

 沖縄で、私はクリスチャンになりました。1973年12月にセブンスデー・アドベンチスト那覇教会でバプテスマを受けました。ですから沖縄は、私の心のふるさとでもあります。。。

写真左:壺屋焼・金城次郎氏作品
写真右:竹富島にて・(故)平井孝則と地元の男の子




<2012.04.04> 心の癒しと和解を求めて(約15分)

/www.awrjapan.net/jyunkohirai/data/upfile/14-4.jpeg
/www.awrjapan.net/jyunkohirai/data/upfile/14-5.jpeg

心の癒しと和解を求めて
Agape World - 日英の心の溝に橋を ー Mrs. Keiko Holmes、OBEに聴く

Seeking for Healing and Reconciliation of the British war prisoners and the Japanese.
An interview of Mrs. Keiko Holmes, OBE, of the Agape World.




<2012.03.07> サッカーファンの日本体験(約14分)

/www.awrjapan.net/jyunkohirai/data/upfile/13-4.jpeg
/www.awrjapan.net/jyunkohirai/data/upfile/13-5.jpeg

2002年6月の読売新聞の記事より




<2012.02.15> ある国際結婚(約16分)

/www.awrjapan.net/jyunkohirai/data/upfile/12-5.jpg

ある国際結婚
   ー Colvin 雅代さんの場合



バックナンバー直近

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional