セブンスデー・アドベンチスト教会がお送りするwebラジオ放送 AWR-Japan

hitokoto

川越勝のちょっと一言


ちょっと一言

思想、体験、情報、聖書の真理、インタビュー、対談、旅行記、報告など色々出てまいります。何が飛び出すか分からない変化に富んだ番組
「川越 勝のちょっと一言」



< 2017/11/24(金) >
「あなた、完全になれないのですか?」

2017年11月4日 SDA三育関町教会での礼拝説教。

「だから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい」(マタイによる福音書5:48)これはイエス様の命令です。しかし、我々人間が完全になれるのでしょうか? この難解な聖句を共に考えましょう。

171124_1 171124_2


< 2017/11/20(月) >
「趣味ついて考える <6>」 この番組を聞く

今回はバイクツーリングです。昔は良かったです。私は16歳高校1年生で車の免許を取り、大型バイクのハーレーに乗れる資格を取ったのです。長い間バイクに乗っていますが、2010年に「引退記念 日本1周バイクツーリング」に出ました。73日間、約1万キロのツーリングでした。このツーリングについてこの番組で1年間放送しましたが、バックナンバーには残されていません。

写真説明:

ライダー憧れのオロロンラインにて
171120_1

名古屋城の近くでキャリアー修理
171120_3

景色が素晴らしい鹿児島県長崎鼻にて
171120_5

無事帰宅
171120_7

日本最北端の地 宗谷岬にて
171120_2

瀬戸大橋の下でキャンプ
171120_4

本土最南端 佐多岬にて
171120_6


< 2017/11/17(金) >
「神に助けを求めた人」 この番組を聞く

(2014年10月24日号の再掲載です)

2014年7月19日 札幌教会での礼拝説教

キリストに助けていただいた人に並んでいただくと長い行列が出来ます。キリストがどの様な助けをされたかを分析してみましょう。本当に素晴らしい助け主です。


< 2017/11/13(月) >
「趣味ついて考える <5>」 この番組を聞く

今日は「機械いじり」についてです。車やバイクの簡単な整備や電気製品等の機械いじりが大好きです。35歳の時にさらに聖書の勉強をするために1年半、神学院で学びました。校内のアパートに住んでいる人で物が壊れて困っている人が沢山いる事が分りました。掲示板に張り紙を出した結果、次々に修理依頼が来ました。最初はパスター・カワゴエ(川越牧師)と呼ばれていましたが、途中からカーペンター・カワゴエ(大工の川越)と呼ばれるようになったのです。どの様な事があったでしょうか? お聴きください。

171113_1 171113_2


< 2017/11/10(金) >
「お二人への贈り物」 この番組を聞く

2017年10月7日 SDA三育関町教会にて礼拝説教

私はバプテスマ(洗礼)式がある時の説教の作り方は普段の説教の作り方とは全く違います。これ川越勝のオリジナルと思っております。バプテスマを受ける人のために説教を作るのです。この日、二人の大学生のバプテスマ式がありました。お二人に一つの聖句をプレゼントし、その聖句を中心として説教を作りました。

171110_1 171110_2


< 2017/11/6(月) >
「趣味ついて考える <4>」 この番組を聞く

セブンスデー・アドベンチスト教会は全世界に聖書の福音を宣べ伝えるために色々な放送・放映をしています。代表的なものの一つはAWR(アドベンチスト ワールド ラジオ)と呼ばれる短波放送です。このために強力な電波を出す放送局がグアム島にあります。短波の日本語放送の仕事をしていた時、毎年1回、リスナーさんに会える時がありました。それがハム・フェアーですが、放送番組を作る者としてリスナーさんに会えるのはとても嬉しく楽しいひと時でした。 それではその当時の短波放送の一つをお聴き頂きましょう。

写真説明:
全世界のAWRの責任者が日本のAWRのスタジオを訪問されましたので、収録しました。
171106_1

日本のAWRスタジオ見学ツアーをした時の記念写真です。特別番組を収録しました。皆さん緊張した様子でした。
171106_2 171106_3

ハムフェアの日に「日本短波クラブ」さんのブースを訪問し、沢山のリスターさんにお会いする事が出来ました。
171106_4 171106_5

この時もリスナーさんにインタビューして特別番組を収録しました。
171106_6


< 2017/11/3(金) >
「救いの計画の救命ボート」 この番組を聞く

(2011年6月16日号の再掲載です)

シャローム横須賀の朝の礼拝で話したメッセージです。

1912年に沈没したタイタニック号には2200名乗船しておりました。
救命ボートの収容人数は1178名です。救助された人は705名でした。定員数乗っていなかたったボートがあったわけです。
客船の沈没を予定、計画する人はどこにもいません。しかし、万が一事故になった時のために最初から救命ボートを用意しているのです。
神様は人間の創造前から救いの計画を準備しておられたのです。


< 2017/10/30(月) >
「趣味ついて考える <3>」 この番組を聞く

趣味の写真の話をしていますが、ある日アメリカの出版社から「東京の〇〇という女性の写真を撮って送っていただきたい。顔写真をアップでこの様な角度から撮ってほしい」と依頼がありました。全世界に配布される雑誌の表紙になるのです。その編集者はどうして私の事を知っているのでしょうか。

私が撮った集合写真でその人数が最大のものは600名でした。それを手作りカメラで撮ったのです。

写真の次はアマチュア無線です。出力10ワットのトランシーバーで姫路市内を車で走りながらハワイの局と交信したのは忘れられません。

特別に許可をもらって旅客機の中で地上の交信を受信しました。

171030_1 171030_2


< 2017/10/27(金) >
「敵を愛しなさい」 この番組を聞く

2017年9月9日 SDA安中教会での礼拝説教。

イエス・キリストは「敵を愛しなさい」と教えられましたが、人間にその様な事が出来るのでしょうか? 「不可能な事を教えるのだからこれはナンセンスな教え」という人もあります。頭が良くあの切れる、シャープなキリストがナンセンスな教えをされるでしょうか? 今日はこの難解な教えを考えましょう。

171027_1 171027_2


< 2017/10/23(月) >
「趣味ついて考える <2>」 この番組を聞く

父は若い時に蛇腹式のドイツ製のフォクトレンデルというカメラを使っていました。それを戦場に持って行って軍隊生活を写真に残したのです。私はそのカメラに触れながら成長したのです。そのカメラに現代のフィルムが使える様に改造しました。私が究極のカメラと考えるカメラはビューカメラですが、それを作りました。それを「全日本手づくりカメラコンテスト」に応募しますと入選しました。札幌と青森ではNHKテレビのビデオ便りで紹介されました。

写真説明:
ドイツ製フォクトレンデルカメラ。
171023_1 171023_2

チゴハヤブサの写真
171023_. 171023_4 171023_5

テレビで紹介されました。
171023_6


< 2017/10/20(金) >
「信仰の後ろ姿」 この番組を聞く

(2014年10月10日号の再掲載です)

2014年9月6日 SDA三育関町教会での礼拝説教

<新約聖書・ヨハネによる福音書4章3~10節>この出来事、説教者によってアッピールする所が違うのです。そこが聖書の面白いところ、深いところです。今まで私が聞いてきたアッピールされた事。川越がここを読みますと、変わったポイントが出てきます。今日今からお話しするポイントは私のオリジナルなもので人から聞いた事はありませんし、読んだ事もありません。ここのポイントそれは「信仰の後ろ姿」です。信仰生活においてはこの「後ろ姿」が大切なのです。


< 2017/10/16(月) >
「趣味ついて考える <1>」 この番組を聞く

ストレスは色々な病気の原因の一つになっています。ストレスから解放されると色々な病気の予防になっていると考えられるでしょう。あなたはストレスを感じますか? 気分転換とストレスのからの解放という意味で趣味は意味があると思います。ある経済学者は引退後にやりたい事を沢山持っていることを強く勧めています。それでは若い時からの私の趣味をご紹介しましょう。

写真説明:
長い間使っていたオリンパスカメラのレンズを今は拡大鏡として使っています。

171016_1 171016_2


< 2017/10/13(金) >
「下着を取る者には上着をも与えなさい」 この番組を聞く

2017年8月19日 SDA三育関町教会の午後の礼拝での説教。

人の下着を取れば強姦になってしまいます。昔のユダヤ人はよく強姦にあったのでしょうか? 現代日本人は下着と言いますと肌着を考えますが・・・。お聴きください。

171013_1 171013_2


< 2017/10/9(月) >
「DIY 作品集 <13>」 この番組を聞く

電動工具の丸のこを台に取り付けて使い易くする

171009_1 171009_2

171009_3 171009_4

171009_5 171009_6 


< 2017/10/6(金) >
「あなたの記録は取られている」 この番組を聞く

(2011年6月10日号の再掲載です)

シャローム横須賀の朝の礼拝でお話したメッセージです。

聖書によりますと神様は人間一人一人の正確な記録を取っておられます。聖書は人生において蒔いたものに対する実を刈り取らなければならないことをハッキリ教えています。蒔いたものに対するふさわしい刈り取りのためには資料が必要です。そのために記録を取っておられるのです。


< 2017/10/2(月) >
「DIY 作品集 <12>」 この番組を聞く

スマホケース
171002_1 171002_2

フランネルグラフ用イーゼル
171002_3 171002_4

スピーチ台
171002_5 171002_6





powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional