セブンスデー・アドベンチスト教会がお送りするwebラジオ放送 AWR-Japan

hitokoto

川越勝のちょっと一言


ちょっと一言

思想、体験、情報、聖書の真理、インタビュー、対談、旅行記、報告など色々出てまいります。何が飛び出すか分からない変化に富んだ番組
「川越 勝のちょっと一言」



< 2017/7/24(月) >
「DIY 作品集 <2>」

2002年10月に横須賀市にありますSDA横須賀教会に赴任しました。教会には小さな子供さんを連れた方々のために「母子室」と呼ばれる部屋があります。この部屋をさらに使いやすくするために和室を洋室に改装したのです。会堂側にある壁には物入れを作り、反対側の壁には書棚を作りました。その手前には8人掛けのテーブルを作り、壁はペンキを塗り替えましたので雰囲気が変わり、とても使いやすい部屋になりました。

170724_1 170724_2 170724_3


< 2017/7/21(金) >
「聖書の神様は祈りをきかれる神様<1>」 この番組を聞く

(2011年2月10日号の再掲載です)

1981年12月12日の朝日新聞の「天声人語」に書いてある事、光が1年間かかって進む距離は9兆4600億キロ、銀河系における太陽系の位置は銀河系中心部から約3万光年の所、聖書の神様は近くにおられる神様、祈りの方法、望ましいパターン、「アーメン」の意味


< 2017/7/17(月) >
「DIY 作品集 <1>」 この番組を聞く

新しいシリーズの始まりです。タイトルは「DIY 作品集」です。私の生き方のコンセプトの一つは「自分で作れる物は買わない。自分で修理できる物は店やメーカーに修理に出さない」です。自分でやるのです。この自分でやるがDIY(Do it yourself)です。これまでに色々な物を作って来ました。このシリーズで紹介する物は私がデジカメを使うようになってからの物です。今日はこのシリーズの前置きです。

170717_1 170717_2


< 2017/7/14(金) >
「美人王妃の命をかけた決断」 この番組を聞く

日本で祭りがある時、その祭りの起源がいかに古いものであるかが説明される時がありますが、聖書には紀元前の祭りがあり、それは今でも祝われています。ユダヤ人絶滅の命令が出された時に命をかけてユダヤ人を救おうとした美人王妃がいたのです。もし、あの時ユダヤ人が絶滅していたらイエスの両親であるヨセフとマリヤそしてイエス・キリストも生まれなかった事になったのです。

170714_1 170714_2


< 2017/7/10(月) >
「野球シリーズ <7>」 この番組を聞く

野球の大記録と言えば何と言ってもイチローさんでしょう。大リーガーがもう2度と破る事が出来ないと思える記録を残しています。フォアボールを選んで1塁に行くのではなく、ヒットで行くことにこだわっています。するとボールを打たねばならない場合が多くあります。彼の素晴らしさはヒットだけではなく、盗塁、走塁、守備もあります。特にレーザービームは今でも語り伝えられています。試合に出場の高齢記録はこれから彼が試合に出るたびに更新されます。こういう人もあまりいませんね。彼が残した記録の一部をお聴きください。

170710_1 170710_2


< 2017/7/7(金) >
「聖書の神様は三位一体の神様」 この番組を聞く

(2011年1月27日号の再掲載です)

聖書は唯一の神を教えている。しかし、神様は「われわれにかたどり、われわれに似せて、人を造ろう」と言っておられる。どちらも聖書の教えである。

ヘブル語の単数と複数について。

キリストは復活によって神の子(子なる神)の証明をされた。聖書の神は、父なる神、子なる神、聖霊なる神の三位一体の神である。


< 2017/7/3(月) >
「野球シリーズ <6>」 この番組を聞く

大記録をご紹介しております。先回は打者でしたが、今回は投手編です。大記録を残した投手として400勝投手の金田さん、シーズン勝利の稲尾さん、奪三振の江夏さんについては秘話をご紹介しております。さすがに凄いですね。

170703_1 170703_2


< 2017/6/30(金) >
「聖書の神様は不変の神様」 この番組を聞く

(2011年1月13日号の再掲載です)

自動車は年ごとに変化しています。人間も変化する場合が多いです。その変化には悪い変化と良い変化があります。聖書の神様は変わりません。何が変わらないのでしょうか? 神様の思想、考えは聖書で分かります。主の言葉はとこしえに残ります


< 2017/6/26(月) >
「野球シリーズ <5>」 この番組を聞く

昭和33年の巨人・西鉄の日本シリーズは西鉄の奇跡の大逆転で終わりました。西鉄の黄金時代は意外に短かったのです。なぜ短かったのかを川上哲治さんが昔を振り返ってその理由を述べています。西鉄ライオンズの野球をこの様に分析しておられます。 日本シリーズはここまでにしてプロ野球の大記録のお話しを致します。まずは打者編です。

170623_1 170623_2


< 2017/6/23(金) >
「離縁についてキリストの教え」 この番組を聞く

2017年5月20日 SDA三育関町教会午後の礼拝での説教

当時、男性からは離縁が出来、女性からは離縁が出来なかったのですから、男社会ですね。そしてそれも今の日本では考えられない様な事が離縁理由になったのですから驚きです。この様な時代でしたので、キリストは離縁に関して教えられたのです。

170623_1 170623_2


< 2017/6/19(月) >
「野球シリーズ <4>」 この番組を聞く

西鉄ライオンズの黄金時代には「神様、仏様、稲尾様」と言われていました。この日本シリーズは第7戦まで続きました。そして稲尾は第5戦で自らサヨナラ・ホームランを打って勝負を決め、第6戦も登板して巨人を無得点で封じたのですから驚きです。そしていよいよ決戦の第7戦となりました。そしてその優勝戦にも稲尾が登板したのです。結果は6対1で勝ったのです。西鉄の若者の活躍を見た「打撃の神様」と言われていた川上は試合後引退を表明しました。

170619_1 170619_2


< 2017/6/16(金) >
「聖書の神様は人格を持った神様」 この番組を聞く

(2011年1月6日号の再掲載です)

宗教で言う「人格」とは
人格を持つためには生きていなければならない
聖書に見られる人格の神様


< 2017/6/12(月) >
「野球シリーズ <3>」 この番組を聞く

昭和33年の巨人・西鉄の日本シリーズですが、「奇跡の大逆転」と言われています。この年、西鉄ライオンズは打線のエンジンのかかりがとても遅かったのです。オールスター戦の時には首位南海とのゲーム差は10,5ゲームでした。ところが打線に火がついてからは凄いハイペースで勝ち、10月2日にリーグ優勝を決めたのです。そして日本シリーズとなったのですが、3連敗しています。その夜、彼らは信じられない様な事をしたのです。そして4戦も5戦も勝ったのです。

170612_1 170612_2


< 2017/6/9(金) >
「〇〇無ければSDAにいる必要なし」 この番組を聞く

2017年5月13日 SDA千葉教会での礼拝説教

あなたはこの〇〇にどんな字をいれますか? これは2文字ではありません。何文字でも結構です。さて、何をいれますか? もう何十年も前にアメリカのSDA教会でアンケートが取られました。質問の中に「あなたはなぜSDAになったのですか? どうしてSDAに留まっているのですか?」という質問があり、色々な答えがありましたが、一番多かった答えはこれです。それではそれをお聴きください。

170609_1 170609_2


< 2017/6/5(月) >
「野球シリーズ <2>」 この番組を聞く

私は西鉄ライオンズの中西太選手が好きでした。日米野球の時、打者としての中西さんには当時の大リーガーも驚いたのでした。その中西選手の活躍は素晴らしかったです。ライオンズ黄金時代の選手は何人も亡くなりましたが、中西さんは今なおお元気です。先日、殿堂入りした人8人位がテレビに出ましたが、中西さんもその中におられましたが、最年長ではなかったかと思います。

170605_1 170605_2


< 2017/6/2(金) >
「聖書の神様は創造の神様」 この番組を聞く

(2010年12月30日号の再掲載です)

神様が造る時は無からの創造で、人間が作る時は材料を使っての加工です。創世記1章の1日は24時間の1日です。地球は特別に「人のすみか」として造られました。しかし、金星も火星も人のすみかとしては造られていませんので、この体のままでそこに行っても生きていくことは出来ません。ここに地球の素晴らしさがあります。





powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional